音楽家の未来のために

【9/16】「大野凜 ピアノリサイタル」

令和4年9月16日、「大野凜 ピアノリサイタル」が国分寺市立いずみホールにて大盛況のうちに終演いたしました。

大野凜さんは、今年の春に武蔵野音楽大学を卒業した新進気鋭のピアニスト。
初のソロ・リサイタルとなる今回は、バッハからラフマニノフに至るまで、幅広い年代の作品を演奏いたしました。

アンコールには、ショパン「ワルツ第9番 変イ長調 Op.69-1 別れのワルツ」を演奏し、その独創的な演奏に、会場は暖かな感動に包まれました。